新築一戸建て・中古マンションならスリーエイト。お客様からの「ありがとう」の声、No.1の会社を目指して…

HOME住宅ローンについて

住宅ローンの審査について

意外と知られていない、住宅ローンの審査が落ちる理由!

住宅購入をお考えの方は、住宅ローンという商品については、ほとんどの方が知っていると思います。
しかし、一生に一度か二度ぐらいしか住宅ローンを組むことはありませんから、どういう仕組みになっているのかは分からない、という方も多いのではないでしょうか。

特に、「どういう場合が審査に落ちやすいのか」です。

こういったことは、様々な情報が錯綜しているため、何が事実なのか分かりませんよね。
そこで当社は、今まで培ってきた経験とノウハウをもとに、住宅ローンの審査に落ちてしまうケースの特徴を5つにまとめてみました。
「カードの支払い遅れが住宅ローンに響くとは聞いたことあるけど、1日でも遅れたらダメなの?」
「年収が低かったり勤続が短かったりすると住宅ローンが組めないって聞いたけど、実際のところどうなの?」などなど・・・
え!?そんなことで?ということもあるとは思いますが、是非とも今後の住宅探しのご参考にして頂ければと思います。
※下記はあくまで当社の経験に基づいたものですので、すべてが当てはまるとは限りませんのでご了承ください

上記のご相談はこちらから無料で受け付けております。
ローン代行手数料なども、一切頂いておりませんのでご安心下さい。

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

携帯料金の未納が、住宅ローンに大いに影響する!?

「え?本当に!?」
そう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん嘘ではありません。

本当に携帯料金の未納で住宅ローンが組めなくなることがあるのです。

それでは具体的にご説明しますね。
携帯電話を購入する際、初期負担を減らすために分割払いで購入される方が多いのではないでしょうか? 住宅ローンには、この「分割払い」というところが重要となってきます。
これはあくまで携帯会社が「本体価格に関しては最初にお貸ししますから、分割で返してくださいね」という意味なのです。

しかし、実際に携帯料金の支払いが遅れてしまったらどうなるか。
それはクレジットカードの遅れなどと同じように、返済の遅れと認識されてしまうのです。

数日や一、二ヶ月の遅れであれば問題ありませんが、何度も繰り返してしまった、数ヶ月間放置していた、などの場合は、携帯会社も悪質とみなし、個人信用情報に「返済の遅れ」として登録するのです。 そうなると住宅ローンを組むのが非常に難しくなります。
個人信用情報とは、信用情報機関に加盟している会社より、 契約者の契約内容や支払状況が提供されており、 それぞれの情報機関から照会することができます。
え?どうして提供されているの?そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。 もちろん、勝手に提供したり情報を照会することはできませんよ。
皆様が、「提供してもいいですよ」という書面にサインしているからなのです。 何気なくサインしている中に、実はしっかりと明示されているんですね。
リスクを回避するためにも、サインする前に内容はきちんと理解してからにしましょう。 そして、携帯料金だからいいかと安易に考えているとしたら、それは間違えです。 しっかりと決まった期限までに支払うことを心がけましょう。

上記のご相談はこちらから無料で受け付けております。
ローン代行手数料なども、一切頂いておりませんのでご安心下さい。

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

クレジットカードやキャッシングの遅れはどこまでがOK?

引落とし口座にお金を入れておくのを忘れてた!とうっかりしていて、引き落とされなかったなんて経験ありませんか?実はそのうっかりが住宅ローンの審査に響くことがあるのです。
クレジットカードやキャッシングの遅れについて、実際はどこまでならセーフなのかというところが気になると思います。

そこで一つの目安としていただきたいのが、「月を跨いだかどうか」です。
月を跨いでの返済となると、カード会社によっては情報機関に「支払いの遅れ」として登録する場合があります。
そうなると、今までちゃんと払ってきていたとしても、直近で「支払いが遅れた人」と見られてしまうため、審査に落ちてしまうことがあります。
しかし、たまたま遅れてしまったという場合は、翌月になると正常に戻るため、翌月以降に再度審査をすればほとんどが問題ないと言われています。
なのでうっかりの場合でも、すぐに振込などで返済するように心がけましょう。

では、どういったケースだと厳しいのか。

一つは遅れ遅れ支払っているケースです。月を跨いで遅れ遅れ払っている場合は、その回数が多いと難しいと言われます。
もう一つは5年以内に2~3ヶ月以上の支払い遅れがあるケースです。 こちらも一概には言えませんが、2~3ヶ月以上支払いが遅れてしまうということは、うっかりミスではないとみなされることがあります。
同じことが2回以上ある場合は、尚の事厳しく見られてしまいます。
こういったケースで一度登録されてしまうと、正常の支払いに戻ってから、長いと5年間は情報が残ってしまう場合があるので気をつけましょう。

上記のご相談はこちらから無料で受け付けております。
ローン代行手数料なども、一切頂いておりませんのでご安心下さい。

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

完済しないと住宅ローンが組めない!?

カードローンやオートローン、消費者金融の借入額によっては、完済条件がつくことがあります。
金融機関は住宅ローンの審査を進めるにあたり、一つの目安として、返済比率というものを使用しています。我々はこの事を略して返比(へんぴ)と呼んだりします。 どういうものかというと、

金融機関ごとに使用している基準金利をもとに、物件価格に対する年間の総支払額(A)を求めます。
それに、年収による年間の支払い可能額(B)を計算した数字を比較し、年間の支払い可能額(B)年間の総支払額(A)を上回る場合は、審査対象としてみなされます。

(A)(B) 審査対象となる
(A)(B) 審査対象とならない

住宅ローンの審査を通過するには、まずはそのラインをクリアすることが絶対条件となります。
しかし、他の借入がある場合は、その借入に対する年間支払額は、支払い可能額(B)から引かれてしまいます。
そうすると、予定していた額の住宅ローンが組めなくなってしまうことがあるため、そういう場合は完済を条件とされることになります。
もし、申告せずに住宅ローンの審査を進めようとしても、借入があることがバレてしまいますので、逆に未申告者として扱われてしまい、そこの金融機関からは住宅ローンを組めなくなってしまったりするケースもあります。
ですので、しっかりと申告することと、無理のない資金計画を立てること/が大切になってきますね。

上記のご相談はこちらから無料で受け付けております。
ローン代行手数料なども、一切頂いておりませんのでご安心下さい。

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

勤続年数や年収ってどれぐらい必要なの?

実際のところ、年収ってどれぐらいあったほうがいいの?勤続年数ってどれぐらい必要なの?という疑問もありますよね。
ハッキリ言いましょう。

年収は200万円以上、勤続1ヶ月あれば住宅ローンを組むことは可能です。

もちろん、年収が低いと購入できる物件は限られてしまいますが、勤続については1ヶ月だからと言って諦めることはありません。
金融機関は限られてしまいますが、勤続1ヶ月でも3,000万円以上の住宅ローンを組まれた方は多数いらっしゃいます。
当たり前ですが、年収が高く、勤続も長く、会社もしっかりしている、という方が審査は通りやすいのは事実です。

収入や勤続年数で、金利などの条件が厳しくなるのかというと、
そんなことはありません。

同じ金融機関であれば、同じ条件で借りられたというケースも多数ありますのでご安心下さい。
ではどんな方が落ちやすいのかというと、短い期間に何度も転職されている方や、ご年齢がそれなりにいっているのに勤続が短い方などが厳しく見られてしまいます。
なので、マイホームもほしいけど転職もしたいとお考えの方は、どちらを優先するかしっかりと考えて行動するように心掛けて下さいね。

上記のご相談はこちらから無料で受け付けております。
ローン代行手数料なども、一切頂いておりませんのでご安心下さい。

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

自営業や会社経営者は決算書の内容が重要!?

会社の社長というと、すごい人、偉い人、お金持ちなんてイメージが世間にはついていると思います。

しかし、こと住宅ローンなどの借入をするとなると、金融機関からはサラリーマンより厳しい目で見られてしまうのです。

金融機関がどのようなことを考えているかというと、「安定的な収入があるほうが、毎月遅れずにしっかりと払ってくれる」と考えます。
経営者となると、場合によってはどうなるか分からないと考えるのです。
となると会社が安定しているか、しっかり成長しているかを重視するのは当たり前ですよね。

そこで大切になるのが、決算書や確定申告書です。

基本的な考えとして、経営者が審査対象となるには、3期分の決算書及び確定申告が必要となってきます。
まだ1期目2期目という場合は、全額住宅ローンで組むことが難しいと言われます。
そして3期以上あったとしても、3期連続で黒字が続いていることや、債務超過じゃないことなど、色々と条件がついてきます。
もちろん、1期しか終わっていない、直近の期だけ黒字、という場合でも審査が通ることもない訳ではありません。
しかしハードルは高くなります。
ですので、黒字を継続していることが、住宅ローンを組む上では重要な要素となりますね。

上記のご相談はこちらから無料で受け付けております。
ローン代行手数料なども、一切頂いておりませんのでご安心下さい。

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

不動産屋によっては通る審査も通らない!?

その不動産屋さん、本当に住宅ローンのプロですか?
もし、あなたの審査が落ちた理由が、不動産屋さんのせいだとしたらどう思いますか?
そして、不動産屋さんの言われるがままに、本当の事実を知らないまま、住まい探しをやめてしまったとしたら・・・。
当社のお客様でも実際にあったことです。どういうことかをこれからご説明します。

まずはじめに、不動産屋さんが住宅ローンを扱うには、金融機関との提携が必要となります。
特にメガバンクと言われる大手銀行については、会社ごとに信用調査をするため、取引ができない不動産屋さんは、社会的信用が高くない可能性があります。
もちろん、信用調査などが不必要な金融機関もございますが、不動産屋さんがどこの金融機関でも扱えるというわけではないという事実は覚えておいて下さい。

では、それによってどのような問題が起こるのか。


金融機関は、それぞれ独自の審査基準というものがございます。
ですので、A銀行では審査が通る方も、B銀行では審査が通らなかった、ということはよくあることです。
ここで一番重要なのは、A銀行では審査が通るのに、住まい探しをお願いしている不動産屋さんではA銀行が取り扱えない場合です。
金融機関にこだわりがある方は別ですが、特にこだわりのない方が、そこの不動産屋さんに住まい探しをお願いしたことによって、その事実を知らないまま、物件購入を諦めざるを得なくなってしまったということがあるのです。

また、不動産屋さんの担当者が住宅ローンに詳しくなかったらどうでしょう。
A銀行では審査が通るのに、知識がないため審査依頼すらしていなかったとしたら・・・。
C銀行でもD銀行でも審査が通る可能性があるのに、その金融機関を知らなかったら・・・。
理不尽でしかありませんよね。

そうなのです。
審査が落ちた理由は、実はあなたのせいではないのかも知れません。

物件も大切ですが、同じぐらい住宅ローンも大切です。
その不動産屋さんで審査をする前に、審査がダメだと諦める前に、一度ご相談下さい。
メガバンクはもちろんのこと、地方銀行や信用金庫など、数十社との取引実績をもとに、私たちはお客様に合った最善のプランをご提案させて頂きます。

上記のご相談はこちらから無料で受け付けております。
ローン代行手数料なども、一切頂いておりませんのでご安心下さい。

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

住宅ローンアドバイザーにご相談下さい。

まだまだ他にもありますが、良く相談を受ける事例についてご紹介させて頂きました。
ただし、これがすべてではありません。
5つのお約束でも掲げているように、我々の仕事は、住宅をご紹介することだけでなく、住宅ローンを通すためにはどうすればいいのかも一緒になって知恵を絞っていくことだと考えております。

もっと詳しく知りたいという方は、当社在籍の有資格者(住宅ローンアドバイザー)にご相談下さい。
きっと良い解決策が見つかると思います。

住宅ローンのお問い合わせは「スリーエイト」まで

【無料相談受付中】
東京都足立区伊興本町1-12-2 丸上ビル1F
TEL:03-5838-1131 / FAX:03-5838-1136

スリーエイト詳細

0120-1919-80
営業時間 9:00~20:00(水曜定休)

お問い合わせフォーム

ページトップへもどる